お父さんとお母さん


火曜日, 10月 28th, 2014

俺のお父さんは、本当に立派な人です。
本当に何歳になっても、
少年のように目をきらきらさせながら、日々、人のために働いています。

全国に、偉大な父をもつ人はあまたいるでしょう。

しかーし。
父のように、私欲を捨てて、一切お金をもらわず、

本当に身を低くして、
堂々と、

困っている人のために、
精一杯働いている人は
あんまりいないじゃないかと思います

そういう俺は、ずっと私利私欲のために生きてきたのだぜ。
だって、お母さんの苦労をずっと見てきたからね。
光あれば必ず陰があうのよ。

親父が、ね。

外で働けば働くほど、
お袋は、
家にいて、
あるいは、とにかく、親父をたてて、
何でもかんでも
議員の親父をたててね
親父は 人の気持ちを図れないところがあるから
お袋はそゆところを人に見せないように、
影でずっと支えてきたわけ。
そゆことは
親父もよく知ってると思う。
だから、っていうか、もっと早くに親父おふくろと
こういう話をすればよかったよね。。
うんうん。

Comments are closed.